« もう一つの高校野球 | トップページ | 惜しまれて「引退」した人たち »

2017年3月21日 (火)

一日の「おなら」の量

P2159705
写真は豊洲にある、「東京ガス・スマートエネルギーセンター」であるが、今回の話とは関係はない。

先日テレビで、日本人の一日にする「おなら」の量は平均約700ccで、多い人は1,500cc位は出すということを聞き、それ以来自分はどの位出しているか、気になって仕方がない。

意識していると、結構出ているのが分かる。寐ている時、起きた時、外を歩いている時などと、場面を選ばずに奔放に出している。

しかし、一回でどの位の量出しているかは、音や出口を通過する感覚では把握できない。

唯一、定量的に測れるのは「風呂」の中である。湯ぶねを上がってくる3個ばかりの泡を見て、おおよそ「何cc」かを推測するのだが、一日の700ccに比べるとわずかな量に思える。

軽量カップでも用意しておいて、それに水中で受ければ正確に測れるが、そこまで熱心ではない。

以前、「おならは燃えるか?」というのが、識者の間で話題になったことがある。方法は不明だが或る人が、自分の物を収集して火を付けたら、「ポン」という音がしたという。

|

« もう一つの高校野球 | トップページ | 惜しまれて「引退」した人たち »

論評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1825847/69995433

この記事へのトラックバック一覧です: 一日の「おなら」の量:

« もう一つの高校野球 | トップページ | 惜しまれて「引退」した人たち »