« 航空公園 | トップページ | 天気予報の精度 »

2018年8月10日 (金)

航空発祥記念館

P8062917
「航空発祥記念館」を見学した。飛行機は普段、飛んでいる姿は見かけるが、中々近くで観察できないので面白い。

P8062909スペースの関係からか小型機の展示が中心だが、全体像が見られるので参考になる。

この記念館の展示は、飛行の原理等が分かる工夫が随所にされており、小学生の男の子などが、必死になって取り組んでいる姿が目に付く。

P8062906呼び止められて、「曲芸飛行の画面体験」をした。

ゴーグルを掛けて、撮りおろしの画像を見るだけだが、以前行ったことがある「磐梯山」「猪苗代湖」あたりが写り懐かしかったのと、空中宙返りでは思わず椅子を手で掴んでしまった。

P8062916日本陸軍最初の「九一式」単葉戦闘機の胴体部分の展示もあった。唯一の現存品だそうだ。

全長7.27m、乗員1名のオモチャみたいな機体だが、第二次大戦の特攻機の基になったと思うと、複雑な心境になる。

*  *  *

日常生活とはあまり縁のない「飛行機」を、じゅっくり眺めて気分転換になった。

|

« 航空公園 | トップページ | 天気予報の精度 »

交通機関」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1825847/74009772

この記事へのトラックバック一覧です: 航空発祥記念館:

« 航空公園 | トップページ | 天気予報の精度 »